いきなりなタイトルで
ごめんなさい。

「まるで『うつ』の人は不幸みたいじゃないか!」と
お怒りになる人もいるかもしれません。

だけど猫(ペット)を飼うことは
アニマルセラピーと言われるほど
メンタルの回復に効果があるようです。

私は、かかりつけのクリニックの主治医から

「あなた(私)みたいな人は
猫を飼うといい」とアドバイスをされたので
お話をしたいと思います。

 

犬と猫の大きな違い

まず猫と犬との大きな違いからお伝えしますね。

猫の場合は

かまって欲しい時や、お腹が空いた時に
ちゃんと甘えさせて見ててあげると

満足して飼い主のそばから離れていきます。

中には「ふんっ」と
そっぽ向く猫までいますね。

そばから離れていった時に
こちらからすり寄っていくと
あまりいい顔をされないことが多いようです。

 

一方で、犬の場合は

ずっと見てて、かまってあげないと
とても傷ついてしまいます。

かまって欲しいときだけ寄ってくる猫と
ずっと側(そば)についていてあげないと
傷つく犬。

愛情の求め方が
大きく違っていますね。

 

猫と人との距離感

うつ、の時は様々な刺激に過敏になります。

特に対人関係には過剰に反応することも
多いですね。

猫と相性がいいのは

「つかず離れず」の関係を築けることが大きいと
個人的には感じています。

あまりベッタリしていても辛いし
離れると孤立感が大きくなり
生活する上での気力を失くしてしまいます。

猫とベッタリはしていないけど
同じ屋根の下に住み世話をする、という
距離感が心地良く感じる。

アニマルセラピーに
オススメされる所以(ゆえん)でしょうね。

 

猫を飼いだして「うつ」が治った有名人

一時期よりテレビに姿を見せなくなった
女優・杉浦美幸さんが

以前テレビで話していました。

 

「芸能界にいて、だんだん売れなくなり
仕事がなくなった頃は、買い物依存症になり
うつ症状がでた」

「そんな時に、知り合いから猫をもらって
飼っていたら・・・」

みるみるうちに、元気になった!

それからは、芸能界にも復帰し
以前のような華やかさはないものの
生活していけるだけの収入はあるそうです。

 

むすび

猫も犬も ” 人を癒すチカラ ” はありそうですね。

猫カフェが全く廃れずに
どんどん新しいカフェが
オープンしている情報を目の当たりにすると
つくづく感じます。

個人的には

何といっても猫の姿は  カワ(・∀・)イイ!!

それに猫は死ぬ時に

「誰にも姿を見せないようにする」ので
気位の高さ(プライド)??も
カッコイイなぁ~と思います。

物質的に余裕があり猫好きな人なら
うつ、に効果はあると思います。

メンタルの部分での
生活は豊かになるかもしれませんね。

 

Sponsored Link