スピリチュアル

 

スピリチュアルという言葉は、聞いたことがない人はいないくらい、 国内では定着しています。

有名人やカウンセラーもしかり。

スピリチュアル(以下スピ系)にどっぷりハマり、逃げる人は現実逃避したい願望があるようです。

スピ系の勘違いも含めてお伝えしますが

時々ディスります。

勧誘はありませんので気楽に覗いてみてくださいね。

 

スピ系パワースポットが流行りだしたのはいつ

一説によりますと、スピ系はバブル崩壊後の時期から、世間に認知されていったようです。

バブル崩壊時期:平成不況1991年(平成3年)3月~1993(平成5年)10月までの景気後退期間を指す。

(ウィキペディア調べ)

企業の倒産が相次ぎ、リストラ、失業、賃下げ、減給、ボーナスカット、再就職の困難などバブル絶頂期の華やかさとはうって変わって、不景気になりました。

先の見えないことに関しては不安になりますから見えない存在に頼りたくなるのは、自然なことかもしれません。

メディアでも ” オススメ10選!パワスポ巡り ” などの特集がブレイクしたように感じます。

 

有名人の書籍ベストセラーとカンセラーの増加

スピリチュアリストと名乗る有名人の書籍もベストセラーになりました。

10年以上も前の話です。

今でも有名人の書籍は発売されるたびにベストセラーになります。

 

それに伴い ” スピリチュアルカウンセラー ” と名乗るカウンセラーも、続々とネットや雑誌に登場しました。

アメーバーブログのカテゴリーで探すと、日々増えています。

今後も減ることはなさそうな勢い。

そしてカウンセリングを受ける人(申込む人)も増え続けているようです。
需要と供給がマッチングしていますね。

けれども悪質なカウンセラーが存在するのは事実だし残念。

いい加減にして欲しいですよね。

アメーバーブログは国内でも集客力は、一番強いと言われています。

人気ランキングの上位者になると、生活していけるほどの収入は、余裕でありそうな感じですね。

 

スピ系によくある大きな勘違い

スピ系でよく使われるコトバは

 

何も努力しなくても「意味のある失敗だった」

「自分の周りは魂レベルの高い人ばかり」

「私はマリーアントワネットの生まれ変わり」

「過去生はお姫様だった」

 

直接、目の前で言われたら、インパクトがありすぎて
言葉を失い、回復するまで10分間くらいかかりそうです。

 

スピリチュアルの考えかたとして

スピ系的な考え方は

ワンネス=全ての存在は繋がっているです。

 

ワンネスの意味は細かく分けると、たくさんありますが
大雑把にひと言で伝えると

人種、宗教、性別を超えて、人も自然も地球上の全ての潜在意識下では

ひとりぼっちではなく、つながっているということです。

 

よくある例として
「今頃あの人どうしているのかな」と、ぼんやり考えていると
相手から連絡がきたり、ということですね。

このような現象は、潜在意識下でつながっているので
虫の知らせや直観として現れてくる現象です。

先程述べた大きな勘違いを見てみると

自分に都合のいいように解釈し、現実逃避しているかもしれないなぁと、
私は思います。

特に ” 自分の周りは魂レベルの高い人ばかり ” というのは
聞き方によっては差別的なので、いただけませんね。

 

むすび

現実が厳しいと
スピ系に逃げるつもりはなくても

気が付かないうちに
大きくハマッてしまった場合は
癒しを必要としているのかもしれません。

現実から逃避したいのは、程度の差はあるけど誰でも同じだと思います。

そう。

誰でも同じです。

ワンネス、ですね?!

 

Sponsored Link