アフィリエイトには様々な手法がありますが、当ブログはグーグル・アドセンスがメインです。

一番気になる収益の情報は様々です。

・グーグル・アドセンスは月に10万くらいが相場

・トップ・ブロガーになると30万~100万くらい
(本当のところは分かりません)

グーグル・アドセンスの収益や運営歴について考えてみます。

 

スポンサーリンク

 

グーグル・アドセンスの種類

種類は

・趣味ブログ
・トレンド(流行・季節ネタ)
・ジャンル特化 (ダイエット・恋愛・旅行など)
・雑記ブログ

4種類あります。

グーグル・アドセンスはPV数で収入が大きく変わってきますが、入札単価にもよります。

4種類の中でも一番稼げるのは、トレンドだと思います。

 

1サイトで10万以上の収益は厳しい

クリック数は100人にひとり(約1%)くらいが平均だと思います。

1.12%~2%ある、と記事に書かれているブログもありますが「どう考えても嘘だろうな」と
感じてしまうこともありますね。

大きな偏見ですが「嘘だな」と感じるブログの特徴として

・ブログデザイン
・画像の入れ方

この2つが、第一印象で本文中とアンバランスな感じがします。
※ センスの良し悪しの問題ではありません。

上から目線です。何より私自身の課題です。

意地悪な視線で申し訳ありません、と言いたいところですが、お伝えしたいことはブログ運営はシビアということです。

 

10万以上の収益を上げるには

2つ以上のブログ運営をしているブロガーさんは、圧倒的に多いと思います。

2つ以上となると、一人で全てを運営するのは難しいですね。

トレンドの場合、インデックス(検索エンジン表示)をスピーディにするためには、早めに手を動かさないと
それこそ ” トレンド ” に乗り遅れてしまいますから、2ヶ月くらい前からの仕込みが必要ですね。

ジャンル特化したブログは、例えばダイエットを例にとると外注化しやすいと思います。

さらに、ASPの物販との組み合わせもしやすいので、相乗効果が期待できますね。

 

外注しずらいブログ種類

外注しずらいブログは

・趣味ブログ
・雑記ブログ

 

この2つは ” 運営者さんの想い ” が、トレンドや特化型よりも多く入ってきますので
運営していても、それほど苦の要素は少ないと考えます。

自分で手を動かしたほうが、大変だけどオリジナルがでますね。

ブログの差別化はできますが
検索ユーザーさん側からすれば、好き・嫌いは大きく分かれます。

それから、雑記ブログは様々なネタを扱えるので、趣味ブログよりもハードルは下がります。

 

雑記ブログでは需要があるネタを考える

当ブログは雑記ブログですが肝心な記事ネタは暗いです。

 

彼氏(彼女) 束縛
彼氏(彼女) DV
社会不適合者
うつ病
リストラ・・・

 

明るいネタは、ほとんど書いていません。

けれども、現在はメンタル的に疲れている方が多く、これからもますます増えると想定しています。

 

スポンサーリンク

 

アドセンスブログは長期戦

爆発的なアクセスは、趣味ブログなら映画やアニメなど ” 旬に近いネタ ” なら望めますね。

雑記ブログ、特に暗いネタ系は爆発的なPVは、はっきり言って望めません。

暗いネタ系の場合は、書店に足を運ぶと十年前より多くなってきているので、需要はあると思います。

原作は活字だったのに
分かりやすくコミック本にした構成も多くなってきています。

ブログ運営歴は2年、3年・・・と長期スパンで考えると、興味のあるジャンルで続けやすいのが、一番のメリットではないかと考えます。

それにブログ運営していると、だんだんとドメインも強くなりPV数も増えてきます。

少額ですが ” 毎日入金がある状態 ” は、嬉しいものです。

 

むすび

アドセンスブログは、収益だけに焦点を当てるなら、情報商材や物販よりも少ないです。

「ちまちま(小さい)稼いでいるなんて、アホらしい」という声も聞こえますが

2年後・3年後もブログは生き残っていられるか?を考えてみると、Yesと言いたいです。

 

それでは、また。

 

スポンサーリンク