ブログ運営するようになり
様々なブロガーさんのブログを
訪問するようになりました。

十人十色、二つとして ” 同じブログ ” は
ありませんね。

デザインは似ていても、記事内容は
全く違います。
(当たり前ですが・・・)

「とても優しいな」と感じるブログの
共通点とは、どんなブログかを考えてみました。

 

スポンサーリンク

 

ブログデザインは重要ではない

上位表示されているブロガーさんのブログは
どうゆうわけか

あまりデザインに凝っていない

印象があります。

洗練されたデザイン、とでも言いましょうか
シンプルで見やすい印象です。

SEOに強い(と言われているテンプレート ” 賢威 ” は
ほとんど見かけない)

ブログの大切な要素は、デザインではないですよ
というメッセージが伺えます。

 

記事内容は淡々としてるけど

スキルアップBLOG 運営社=イノウエさん
※ 検索してください。

個人的に好きで、毎日訪問しています。

それは毎日更新されているからです。

やってみて分かったのは
毎日更新は、できそうで難しいですね。

情報を集めて、記事内容を整理して
自分の言葉で書く、となると

時間は上手につくり、何よりも ” 労力 ” が、かかります。

外注したほうが、どれだけ楽になるだろう!と
考えてしまいます。

イノウエさんは全て、ご自身の言葉で書かれています。

感情的にならずに
淡々と ” 伝えたいこと ” をネガティブに書かない姿勢は

これまた、難しいですね。

すぐに感情的になる私には、うらやましいかぎりです。

 

励ます(優しさ)メッセージが主軸

パソコンの向こう側に人がいる
最後まで読んでもらうのは難しい

ということを、前提にして書かれている姿勢は
あやかりたいものです。

多くのブログ運営者さんは
おそらく誰もが心がけていると思いますが

私の場合は
ついつい、忘れて

自分の言いたい事ばかり言ってる状態
になってしまいます。

そこで、イノウエさんの記事内で
グッときたのは

「誹謗・中傷・批判・批難されたら読者さんから
反応がとれたということ」

「最後まで読まれているということ」

「誰にも読まれない記事ほど
辛いことはない」

他にもありますが
特に、上記のメッセージには感銘を受けました。

私はクソ記事、響かない、長すぎる・・・
色々とメッセージがきたことがありまして

「キィーーーッ」「この野郎!」となり

「そんなにイヤで、不快なら
見なければいいでしょ!
あなたのブログだって人のこと言えない!」

罵詈雑言を、ブログのコメント欄に
わざわざ入れたことが

何度かありましたね。

某ブログ運営者さんからは
” 被害妄想 ” と言われ
余計に腹が立ちました。

ネットは顔が見えないから出来ることです。

リアルな人間関係でしたら、いつの日か
お互いに、後ろから蹴っ飛ばしても
おかしくありません・・・

 

何はともあれ読みやすい

一番は、やはり読みやすいということでしょうか。

読みやすい記事は
負担がかからずに、上から下まで
自然に読めてしまいます。

ただ単純に、読めるだけではなく
「あぁ、そうなんだ」
「そうゆう考え方もあるんだ」と

納得することも多いです。

決して説教臭くありませんね。

パソコンの目の前にいる読者さんへ向けて
記事を書くことの難しさは

ひたすら訓練してゆくしかない!と

そして何より継続してゆくことが
大切だと痛感しています。

 

それでは、また。

 

スポンサーリンク