以前から私は趣味で知り合いや
友人だけにやっていた「タロット占い」をやっておりまして

気楽な気持ちで、占い師の業者登録をしていました。

先日、業者さんからオファーがきて
有料で初めて占い師として鑑定しました。

その後はクライアントさんからお礼のメールを頂きまして
涙があふれ、しばらくは止まりませんでしたね。

久しぶりに自称・美しい涙を流しました。

泣き止むと、そう言えば・・・
「最近は泣いていなかったな」と、ふと気が付きました。

感動すると涙はでてくるんだなと改めて思いましたね。

※タロット占いはネット上での依頼ですので
クライアントさんはHN、私の占い師名は本名とは別名なので
今回の記事を書いても個人情報は守られます。

 

スポンサーリンク

 

依頼内容は対人関係

クライアント(依頼主様)は、女性の方で対人関係に悩み
ひと言でいえば「ささいな事が気になってしまう自分が嫌だ」

「嫌われるのはイヤだし、仲良くするのも苦手。
人との距離を自ら遠ざけてしまう」

「このままの自分は嫌だ、何とかしたい」

切実さが、とても伝わってくると同時に
今のご自身を克服したい!という意欲が伝わってきます。

 

鑑定の1つの大切な注意点

クライアントさんのお気持ちは、私自身も経験がある、というより
現在進行形なので

「うん、うん、分かるよ」と、気持ちが入りそうになりますが
Stop!と自分に言い聞かせ、落ちつかせる時間が必要でした。

私の気持ちが入ってしまうと
クライアントさんのお悩みと、私の想いが混ざってしまい

「どちらの問題なのか」はっきりと
境界線が引けなくなってしまうんですね。

こうなると2人の問題になってしまいます。

クライアントさん中心でないと
占う意味がありません。

鑑定中は自分自身の想いや「~したほうがいい」という価値感は全て
抑えます。

時間をおいて
落ち着いたところで、タロットのカードを切ります。

トランプを切るのと同じ要領ですね。

それから、カードを並べて

過去・現在・現在の考えていること(頭:建前)(本音:心)
周囲からの目、注意すること、未来をそれぞれ見て
ひとつの「ストーリー」にして伝えます。

本音と建前の差は、かけ離れてないので素直な方だな、というのが
第一印象でした。

ただ、今の状態は「強烈な引きこもり」

人の中に入っていても、打ち解けられないか
外に出たくても怖くて出れない

「どうせ私なんて」と、頑固さもありました。

カードを見つめ
「困ったな・・・ストレートに告げたら気分悪くされて
嫌われてしまうかも」と、恐くなりましたね。

周りの人を占っている場合は
食事やお茶でもしながらやるので、いたってお気楽です。

「ホレ、ホレ、見てみぃ~このカードでてるから
今はリスク大だねぇ~、もうちょっと待ってみたら?」と
半ば世間話になっていますが

相手と距離をとるには、このくらいで丁度いい感じだと思います。

時々、義理でワンコインをくれたりします(嬉)

クライアントさんから依頼を受けた、ということは
世間話をするようなわけにはいきません。

 

鑑定結果は正直に伝えること

鑑定結果メールは、思い切ってストレートに
お伝えしました。

クライアントさんからは
「ありがとうございます!スッキリしました!」と
返信メールを頂いた時は

パソコンの前で、涙があふれてきました。

これが
・嫌われたくない
・業者に登録してあるので、鑑定料は安いから
・まぁ、サラリとやっておこう
・引きこもり、なんて傷つきそうなことは内緒にしておこう

自分は悪く思われたくない、それに低料金だし、と
無難にやっていたら

クライアントさんはアホではないので
メール文と言えども全て伝わってしまいます。

お伝えする時は
「嫌われてもいい!」と気合いを入れましたが
自分はこれでよかったんだ、と安心感もあり

またまた泣けてきました。

 

スポンサーリンク

 

さらに!幸運なことが起こる

業者さんのサイトで、クライアントさんは
占い師評価のアンケートで星5☆の高評価を
つけてくださったんですね。

パソコン画面を見て
「こんなに褒められたのは初めてかも」と嬉しくなりました。

後日、業者さんから連絡があり
現金になるポイント・プレゼントを頂きました。

「次回からは、鑑定料は自由に設定してください」とのことで

図々しく
「1回1万円でも大丈夫ですか?」冗談で聞いたところ

「はい。ご自由になさってくださいね」との返信が。

これまた、感激して泣けてきました。
( 売れっ子の占い師ではないので、1万円の設定は難しいです)

 

まとめ~ 収入はさらに増えるかも~

今回の鑑定料+ポイントで
トータル金額として、鑑定料の3倍の収入がありました。

「嫌われたくない」と、自己保身になっていたら
このようなラッキーな出来事は、なかったと思います。

思い切って伝えることで
かえってクライアントさんのハートに届いたのでしょう。

 

PS.

あなたが副業をお考えでしたら、週末だけでもできることで
得意・興味がある・好きなことを
思い切って実践されることをおススメします。

始めは恐いけど「やらされてる感」がない状態なので
ラッキーな出来事に見舞われるかもしれません♪

それでは、また。

 

スポンサーリンク