女性の在宅ワークで人気のひとつに ” シール貼り” があります。

ご存じ、在宅ワークは時間の縛りがないのが一番の魅力です。

内職は ” 子育て中の主婦 ” のイメージがありますが、うつ、などで社会復帰する前にリハビリの一環としてやる方も多いですね。

では、シール貼りとはどんな仕事でしょう?

求人はあるのか、あったとしてもどのように仕事をもらうのか、考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

 

ネットでの募集に要注意!

シール貼りの求人を探す手段として、ネットで探すことが一番簡単で、手っ取り早いですね。

サイトに登録→マニュアルを購入→仕事依頼発生

このような流れが ” 大定番 ” です。

はっきり言いますね。

登録しないでください。100%詐欺です。

・登録料
・マニュアル購入

以上、全てあなたのお財布を開けて支払います。

金額はサイト運営者によって違ってきますが、始めは無料登録で・・・と謳ってあるところもあります。

無料だからといって気楽に登録していまうと、後にバンバンメールが届き ” おいしい話 ” を 毎回もちかけられます。

毎日のように届くメールを読み、あなたは仕事欲しさに料金を支払ってしまった、ということも無きしもあらずです。

シール貼りの仕事を業者と契約するのに、お金を支払うというのはどう考えてもおかしいです。

あなたが、就職したことがあるなら、思い浮かべてみてください。

面接を受け、内定を頂き、〇月〇日に出勤してくださいという返事を頂いたときに
「ウチ(職場)で働きたいなら○○円支払ってください」と言われたことがありますか?

ありえないはず、です。労働基準法では違法だから、です。

 

シール貼りで安心して給料がもらえるところは?

市役所・ハローワーク・商工会議所など公的機関を利用してください。

ちゃんと職員さんと相談して、折り合いをつけてから仕事を頂くようにしてくださいね。

公的機関を間にはさむと、何か不都合が起こったときに相談にのってくれるはずです。

または、信頼できる知人からの紹介も、詳しい事情が聞けるので有力です。
 

スポンサーリンク

 

シール貼りとは、実際にどんなことをやるの?

私は以前バイトで、コンタクトレンズのシール貼りの経験があります。

期間限定が条件でした。在宅ワークではなくフルタイム(9:00~17:00)の労働でしたので
週に5日、7時間もの間は、ずっーーとシール貼りをしていたんですね。

扱っている商品にもよりますが、シールを貼る位置にピタリと貼ること、つまり正確性が求められます。

雑な貼り方をすると、シールを剥がしてもう一度やり直しです。

シールの粘着力によって、やり易さというのは変わってきますが、あまり力を加えて貼るとやり直しする時に後が残ってしまい汚くなり、商品に傷をつけてしまいます。

弱すぎるとやり直しするには楽ですが、剥がれやすくなり位置がズレてしまいます。

加減、はコツをつかむまでは大変ですが、慣れです。何でも慣れ、が一番です。

力の加減上手くつかめない時は、とにかく手が痛い!

いつもトイレに行くついでに冷水で手を冷やしていましたね。

爪も割れてくるのでコーティング剤を10本指に分厚く塗っていました。

 

自分の手を、まじまじと見つめて「手がボロボロだ、男性に好かれない、嫁に行くチャンスを逃してしまうかもしれないわ・・・」「私の人生って、一体何なの?」

仕事が終わり、家に着くと気分は ” ボロをまとったシンデレラ ”

「いいえ、こんな手をしていても、きっと王子様が迎えにきてくれすはず!さて、明日も仕事に行こう!」

完全にひとり芝居の中へ入り、悦に浸っていました。

「この人(私)頭おかしい・・・」と思われてしまうかもしれませんが、現実のバイト生活のキツさから逃れるための唯一の手段でしたね。

それからですね、シール貼りに欠かせないのは ” 集中力 ” が求められます。

力の入れ具合や位置のズレを、ひとつひとつ見ていかないと納品できませんから、根気も必要です。

「じっとしているのは苦手」「身体を動かしているほうがいい」という気質の方は向かないですね。

 

まとめ~シール貼り求人は慎重に~

シール貼りの求人は

・(ちょっと面倒だけど)公的機関をとおす
・信頼できる知り合いの口コミ(有経験者)の紹介
・サイトを利用する場合は、事前にじっくりとリサーチをする
・金銭を要求されるところには、絶対に近づかない

上記を踏まえて探してみてくださいね。

上手く探すことができたら、あとは慣れです!

それでは、また。

 
スポンサーリンク